正しいタイピングを身につける|タイピングゲート お問い合わせ

(09)作家の夢 実現

作家の夢

作家の坂口安吾は「文字と速力と文学」で「私の想念」は流れ出るのに「私の書く文字」はたどたどしく遅い。と嘆き、速記の練習、速記者の雇用、独自の速記の工夫など 「速く書くこと」を切望した。

私たちは、その夢を叶えることができます。

あなたは想念の湧き出る速さで書くことができます。パソコンを手に入れ、タッチタイプを身につけることで実現できます。

タッチタイプを身につける

考える速さで、入力するには、「タッチタイプ」の習得が必要です。手元を見ずに、画面を見ながら入力することをタッチタイプと呼びます。タッチタイピングとも言います。
ブラインドタッチは目の不自由なという意味から使いません。

日本語タッチタイプ

日本語タッチタイプの内容
・決定版 ローマ字表を習得する
・日本語入力(IME)に慣れる
・漢字、カナへの変換の練習
・文の区切りの理解
・文章を数多く入力し日本語入力(IME)を使いこなす

タッチタイプの習得方法の説明を続けます。

 

(11)日本語入力(IME)の機能の理解 に続きます。

COPYRIGHT © Typing Gate. ALL RIGHTS RESERVED