正しいタイピングを身につける|タイピングゲート お問い合わせ

タイピングソフト比較

他社システムと比べた、当社システムの特徴


オリジナルのローマ字表を使います。

日本語(和語、漢語、外来語)をもれなく入力できるローマ字の表です。
必要なアルファベットの数は22です。


外来語を入力するために V L - を追加しています。


22のキーの「正しい指の形」で練習します。


手本(正しい指の型)を見ながら練習できる

A:キーボードに、指が表示されている

「I」を押すことを考えてみます。「I」は右手の中指で押します。
中指は、ホームポジションで 右手で「K」の上に置いています。


キーボードの上に、下図のように指の形が表示されていれば、指は、KからIへ斜め左上へ動かせばよいので、迷わずに押すことができます。



B:キーボードに指が表示されていない

下図のようにホームポジションに指が乗っていないと、指をどのように動かせば良いか、戸惑います。


AとBどちらの方が練習しやすいでしょうか?
Bの方が挫折しやすいと言えます。


日本語入力を使った変換や文章入力の練習ができるか?

日本語入力(IME)を使って、実際と同じ形で練習することが重要です。
文章入力の練習では日本語入力(IME)を使って「に」を入力します。

<TOKOYASANNI> ではなく、日本語入力で<とこやさんに>を変換して<床屋さんに>にします。
このような実践的な練習を続けて初めて実力がつきます。

日本語入力を使わない練習を続けても実務の力に結びつきません。


正しい指の型、動かし方を身につけてからゲームを使う

基礎を身につける前に、ゲームソフトを使うと、速く押そうと正しい形が疎かになり、好ましくない癖が付いてしまいます。癖が付くと、直すのに苦労します。

ゲームをするなら、ゆっくり、確実に、正しい基本を身につけてからにしましょう。


ゲームではなく、文章練習でキーボード操作に慣れる

ひらがなを入力、変換して漢字交じりの文章を入力し入力に慣れます。
以下のように文章練習をします。 赤の下線は、入力中の行を示します。

入力した結果は、瞬時に表示されます。
誤字は で 問題文、入力欄の両方に表示します。
余字は で 入力欄に表示されます。
脱字は で 問題文に表示されます。

この文章は2分32秒で入力されました。
入力速度は29字/分です。
正解率は91.3%です。

COPYRIGHT © Typing Gate. ALL RIGHTS RESERVED