正しいタイピングを身につける|タイピングゲート お問い合わせ

(05)正しい指の形

効率の良い指の形、指の動かし方

 ●ホームポジションから指を動かすので、
    ⇒いつもホームポジションから型への動きになる。
    ⇒手と指が同じ動きを繰り返すので、自然に指が覚える。

 ホームポジションから動かすために、
  キーを押したら素早く指をホームポジションに戻します。
 指を素早くホームポジションに戻すには、
  押す指以外は、ホームポジションに残します。
 例:Yをタイプする時、とPをタイプする時

押す指と残す指が決まると指の形が決まります。

●ホームポジションに指が残っているので
    ⇒迷わず指を戻すことができる。
    ⇒素早く指を戻すことができる。 
    ⇒素早く指を戻すので、次の操作が速くできる

タイプするキー毎に効率の良い指の形が決まります。

その形を「正しい指の型」と呼ぶことにします。

ローマ字入力に必要な指の型は、22です。

   アルファベット 21 、記号「ー」1つ です。

22の正しい指の型は、次のとおりです。

  型の数は (5)なぜ22か? で説明します。

ホームポジションで押すキー A S D K L  5つ の22です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GIFホーム.gif

正しい手本 人差し指 R T G B V  U Y H N M 10

正しい手本 中指 E、I

正しい手本 薬指 W , O

正しい手本 小指 Z , P

正しい手本 小指「ー」 のびる音

COPYRIGHT © Typing Gate. ALL RIGHTS RESERVED